てくの 日記

きゃんぷ 2002

 7月27日(土)新宿駅9時発、新型特急あずさ53号で、初めて作ったテクノのお揃いのTシャツを着てみんな元気に出発しました。2時間ちょっとで小淵沢駅に到着。太陽の子の車とタクシーに分乗してスパティオ小淵沢へ行き、2階の中華レストランで昼食。ほっと一息ついた後、みんなそれぞれ希望の体験工房へ。シルバーアクセサリー、ドライフラワー、そばうち、ステンドグラス、陶芸、ろうそく作りと、みんな出来上がりを楽しみに一生懸命取り組んでいました。

 その後、ペンションからお迎えの車が来る4時まで、温泉(延命の湯)に入ったり、体験工房内を見学したり、ぎりぎりまで他の体験に挑戦したりと、おもいおもいに過ごしました。ペンションの車で3回に分けてピストン輸送をして頂き、全員無事太陽の子へ到着。
 6時半の夕食までは自由時間。散歩をする人、昼寝をする人、読書をする人、入浴をする人様々でした。「夕食の用意ができました。」とのアナウンスで、一斉に食堂へ。心のこもった夕食はとてもおいしくて、おひつにはいったご飯をおかわりして、みんなお腹いっぱいになりました。
 その後、7時半より星空の下で花火をしました。持参した約300本の花火は1時間ですっかりなくなる程、みんな熱中していました。そして最後は、輪になってお決まりの線香花火。誰のが一番最後までチカチカ光っているか、競争しました。8時半になり飲み物と自家製のおいしいチーズケーキを頂きながら、体験工房で作った作品を見せあいました。

 早朝、ウグイスの素晴らしい鳴き声で目を覚まし、朝の散歩。紫陽花と萩とコスモスが同時に咲く気候。ラジオ体操で体をほぐしたあと、暖かいパンの朝食を済ませ、玄関前に集合して記念撮影。オーナーにお礼の挨拶をし、お迎えの車に乗り込み、いよいよ2日目の目的地、長野県の「富士見高原リゾート」へ。 そこは、スキー場を利用した施設で、パラグライダーやパターゴルフ、プレジャーゴルフ、おもしろ自転車、フィールドボード、その他にもたくさんのレジャー設備があり、色々楽しめるようになっていました。テクノは パターゴルフ組、プレジャーゴルフ組、おもしろ自転車組に分かれ、高原の夏を楽しみました。おそばの昼食後は、夏山リフト温泉組と午前に続きプレジャーゴルフ組に分かれ、リフト組は花戸屋の展望台から歩いて鹿の湯へ。途中、甲斐駒ヶ岳をバックに写真を取ったり、植物を観察したりウグイスの声を聞いたりしながら降りて行きました。プレジャーゴルフ組は暑さをもろともせず、ゲレンデを利用したゴルフコースでフルスイング。案の定、お迎えの車を待つ顔は日焼けして真っ赤でしたが、みんな爽やかないい顔をしていました。

 小淵沢駅で記念撮影をし、16時1分発、新型特急あずさ66号で東京へ。暑かったけど、目を閉じると色々な色(高原の色鮮やかな花々、青い空、緑に囲まれた白いペンション、雄大な山々)が浮かんでくるサマーキャンプでした。そして、お揃いのTシャツが夏の風景に良く映えていました。(S.N.記)





(各写真、クリックすると大きく表示します)

「博人君の感想」

 今年は、平成14年7月27日〜28日までの2日間です。
ここは、山梨県小淵沢のスパティオ小淵沢でシルバーアクセサリー作りです。僕と母と安中先生とK君の4人グループです。最初は、金の板で練習です。金具を真っ直ぐ握って、金打ちで打ちます。それから、銀の板で本番です。真っ直ぐに丸をトントンと打ちます。ローマ字で名前を書いて紐を通して、仕上げです。銀細工は簡単で楽しかったです。
 夕方、太陽の子に入って、夜になったら、花火です。きれいでした。
 次の日初めてプレジャーゴルフをしました。安中先生がゴルフを教えてくれました。遠くまでボールが飛ぶようになり面白かったです。温泉に入って、帰りました。
 山梨県小淵沢は、風が気持ちよくて楽しさ無限大の2日間でした。