地 域 貢 献

 

テクノシップ理事長 児嶋 みち子

    

 

梅雨明けと共に、きびしい猛暑がやってきました。みなさん、お障りありませんか?

テクノシップの白金台教室は、24日より約1ヶ月間の夏休みに入りますが、余暇活動支援のクラスは夏休みデイサービスとして、拡大して 地域の方にも参加を声かけしています。と同時に、社協の「夏!体験ボランティア」事業の受け皿として、ボランティアの第一歩を 踏み出す方たちの受け入れもさせていただきます。まずは、一人でも多くの方が、このテクノシップの活動を知って、その良さを肌で感じて頂きたいものと思っております。

テクノシップが日頃、地域への貢献を意識しているものといえば、どんぐり公園での活動があります。花壇の管理や、朝市、どんぐり祭りへの参加などです。これは、ほんとに地元ですが、最近はもう少し離れたところで地域力を発揮して貢献させていただいていることがあります。それは、港特別支援学校での教育支援プログラムへの協力です。障害のあるお子さんの放課後や休暇中の過ごし方には、今まで公的支援の場がほとんどなく、各親御さんの頭を悩ます事でした。昨年度末から都のモデル事業として、学校で学童保育のように預かれないかを模索する機会を与えられ、まずは、そのニーズ把握と試行、継続させる仕組みづくりを学校・PTA・支援団体を交えた委員会で検討しています。今年度はさらに数回の試行が決まりました。ただ預かるだけではなく、子供たちに何かプラスになるものをとの思いも強いため、テクノシップの持つ豊かな人脈に熱い視線が注がれ、余暇活動支援クラスの講師たちも、それに応えて協力して下さるのが、うれしいです。

 

 

 

平成22年度(第9回)通常総会報告と交流会

今年は例年より一ヶ月早い5月9日()10時半より、田町ハイレーン6階宴会場において、平成22年度通常総会が開催されました。委任状・書面議決書と合わせて28名の出席があり、第1号議案平成21年度事業報告、第2号議案平成21年度決算報告、第3号議案平成22年度事業計画、第4号議案平成22年度予算、第5号議案役員改選は審議の結果、満場一致で承認されました。

その他、Nビルの3階がまだ空いているので単発的な使用ができることと、地下が空いたので、倉庫として借りることになった。所沢教室でミュージックセラピーをはじめるので、すぐ活動できるように楽器や参考書籍を購入し準備を始めた。昨年は就労支援者数と教育支援者数が増加した。主に個別指導の利用料の区民半額は見直したほうが良い。新規の方には半額では無理だとお願いする。区からの補助金が下りるまでの運営費が大変だという説明がありました。

午後からは、階下でボウリングを楽しんでいた子どもたちも加わり恒例の「新入生歓迎会と交流会」が開催されました。子ども達ももう皆青年になり、月日の流れを感じずにはいられませんでした。交流会を楽しんだあと、全員で記念撮影をして散会しました。

 

 

第8回 尾高ファミリーTalk&Musicコンサート確定
 

 日時:2011年3月22日(火)19時開演(予定)
         会場:トッパンホール (文京区水道1-3-3

 

新国立劇場にN響のお仕事も加わり、ますますご多忙になられた指揮者の尾高忠明さんですが、今年度もテクノシップと発達障害のみなさんの支援のために、チャリティコンサートを開いてくださいます。 日程調整がようやく整いました。

 ゲスト出演として、新たに、フルート(オーストリアのオケの首席奏者)の方も加わって下さるとのこと、音響のすばらしいホールで、ますます充実のコンサートとなるでしょう。都心で平日の夜ですので、お勤め帰りの方などもいらして戴けるものと期待しています。まだ先ではありますが、

是非、ご予定、よろしくお願いいたします

 

 

 

     

·    さをり織り

M

 テクノシップでさをりおりをしています。さをりおりはだいすきです。おるのがじょうずになりました。

 よこいとをとおしたり、あしぶみしたり、おさをトンしたりひとりでできます。いとは、きみどり、あお、こん、うすみどりがすきです。

 たくさんおりました。ママがよろこびました。

 

·    お母様の一言

 息子が文章に書いている通り私はとても喜んでおります。さをり織りの作品はどれをとりましてもそれぞれに何とも言えない味わいが出ております。

 息子も最近では先生方・家族からほめられていますので自分なりに天職かなと思っているのではないでしょうか。息子の生きる道が開けてきたような気がします。

               

 

·    テクノにかよいはじめて

Aさん

 私はさをりにきてお友だちができました。とても嬉しかった。

 いろんなさをりが楽しいです。

 私はさをりで色々なものがたくさんできてとてもうれしかった。

 整経がいまとても難しいです。はやく整経を覚えたいです。

 私はお友だちとお話ができてとてもうれしかった。いろんな場所にも行きたいです。また、私は遠足にも行きたいです。

 また秋にはいろんなさをりがしたいです。冬にもいろんな毛糸もしたいです。

 

·    お母様の一言

 お世話になり始めて、四カ月が過ぎました。その間、先生方、お友達に支えられ、最近はとても楽しく時間を過ごさせて下さり、心より感謝しております。

 

 

                                     

·    園芸について

Sさん

 園芸では苗を植えたり、草むしりをしたりする以外に、パソコンで掲示板を時々作ります。注意書きの文字以外に花の絵や写真を入れて、綺麗に作ります。

 今年はイラストを入れて、作ったのが大変良かったです。その他に、文字の注意書きを英語で書いたものを作りました。

 公園では冬にチューリップの球根を植えましたが、春に花が咲いて、5月には球根をニンニクみたいに剥いて保存をしました。

 大切な花壇ですが、子供達が荒らすので大変困っています。外人の子も来て荒らすので大変困っています。これからも子供達が荒らさないで欲しいなあと感じます。

本当に!!

 

 

·    5月の遠足に行ったこと

Hさん

 517日の日、テクノのみんなと山をのぼって、そして虫がたくさんとんでいてとてもたいへんだったなあと思いました。

 そしてきゅうけいして、そのあとにお昼を原っぱのところで食べて、次にてんぼう台までのぼろうかなあと思ったけど、でもじかんがなかったのでのぼれませんでした。

 あつかったのであるくのにとてもたいへんだったなあと思いました。帰りにお茶をしてそしてわたしはまっ茶のパフェを食べました。とてもおいしかったなあと思いました。

        

 

·    カーサ芝浦での生活

T

 ことしの3月からカーサ芝浦に入りました。男子3人女子3人でせいかつをしています。じぶんたちで食っきをあらったり、せんたくをしたり、へやのそうじをしています。食じはつくってもらっています。おいしいです。

 みんなと生活をしてたのしいです。みんなとおはなししたり、いろいろなぎょうじにもみんなとさんかしています。カーサ芝浦にはいって、よかったなとおもいます。

 

 

·    カーサ芝浦のこと

Nさん

私は1月25日(月)にグループホーム「カーサ芝浦」に入りました。カーサ芝浦には、男子3名と女子3名がいます。世話人さんはみんなで6名です。(注:食事提供と泊まりの世話人さんは3名で交代制です。)

 カーサ芝浦ではみんなでいろいろな所へ行きました。高尾山、東京ミッドタウン(お花見)、カラオケ、プール、ピーコックへおつかい、つくば山の一泊旅行、町会の清掃にも参加しています。

 カーサ芝浦の皆さんは仲がいいです。ごはんもおいしいです。私はカーサ芝浦に入って嬉しいです。

                         

 

 

先生紹介            藤田先生

  

初めまして。去年の秋から学習支援を担当しております。

 不思議なものです。長く特別支援の学級に関わってきましたが、再びテクノでお世話になる事ができました。私が接してきた就学児達は、学校や家庭で社会への自立に向けて懸命に努力していました。テクノに来てからは、それ以後の自立に必要な技術や技能や学力を身につけようと、自分から進んで進んで頑張っている人達に会い心打たれます。本当の人生を追い続けている人達と一緒にいられる事が私の励みにもなります。少しでも力になれればと思います。

 

 

 

放課後支援対策事業に参加させて頂いて

              ジョイスポーツ講師小沢 喜美代

 

平成22年3月12日(金)・13日(土)の両日、都立港特別支援学校において、放課後支援対策事業が行われ、そのお手伝いをさせて頂きました。

 小学生対象の日には、早くから活発に動いている子・周りの友達を眺めている子・隣りに座るお母さんに甘えている子・自分で遊びを見つけている子・何をするか不安そうな子と、色々な思いをもたれ参加した子供たちでした。“幸せなら手をたたこう”の歌をみんなで歌いながら手をつないで一つの輪をつくりダンスらしきステップを踏んでいるうちに、みんなが一つになりました。

 子供たちからは、つねに体を使って、又言葉から、何らかの要求を発信してくれていることに対して、もっともっと受け入れたいと考えています。又、その中から良いこと悪いことを少しずつでも伝える事が出来ればと願い、ゆっくり支援をさせて頂きたく思います。

 子供たちのあの日の笑顔・好奇心旺盛な輝いた目を忘れずに、いつかまた皆でいっしょに遊ぶことが出来ればと思います。いっしょに楽しみを分かち合える時間、又そんな時に私たちも子供たちといっしょに育っていけるような気がいたします。

 現代のゆとりある支援の中に、この放課後支援対策事業で、子供たちが楽しく・気分転換の一つになれば良いことと思います。

 最後に、今回色々な面でお世話になりました副校長の山賀先生をはじめ担当の先生方、又、テクノシップの児嶋様には深く感謝致します。本当にありがとうございました。

                          ―― 感謝 ――

      

 

 

所沢教室 障害児のための音楽教室

無料体験セッション参加者募集中!

音楽大好きな子はもちろん、楽器が上手になりたい子、学校で(おん)()()”?!の子も、
生音楽を通して心をひらきたい子・・・みんなみんな集まれ!!
音楽療法の手法を取り入れ、経験豊富なミュージックセラピスト松崎聡子先生と前音楽教諭井原洋子先生のペアで行う、ぜいたくな個人orグループセッションです。教室開校に向けて無料体験会を企画しました。
    対象:3歳から18歳まで。

    日時:10月3日()   @14:00〜14:30
                    A14:45〜15:15
                   B15:30〜16:00  
             場所:所沢市 柳瀬公民館(予定)
             お申し込みは、テクノシップまでメール、FAXで。 

          

 

 

 

 

寄付金御礼  

 

港区議会議員の菅野弘一様のご推薦により、東京高輪ライオンズクラブから寄付金50,000円を頂戴しました。当日は会長の小海正勝様、前会長の菅野様、会計の古島伸二様の三名が来所されました。ありがとうございました。

 

テクノシップ応援隊より、第7回尾高ファミリーTalk&Musicコンサートの収益60万円をご寄付いただきました。尾高ファミリーの皆さんの素晴らしい演奏と共に深謝します。

 

INSPIRE代表でドラムサークルファシリテーターの青葉航様、隔月開催のドラムサークルの一般参加者からの参加費の一部を毎回ご寄付戴いてます。ありがとうございます。

 

                  

編集後記

 日本が善戦したワールドカップも終わり、暑い夏がやってきました。夏はこうでなくっちゃ!!と張り切っている人、暑い夏は嫌だなと思っている人、あなたはどっちですか?

私の小学生頃の夏休みは、ラジオ体操に始まり、宿題は涼しいうちにすませ、日中は友達と川で泳ぎ、夕方は家の手伝いもして、夜には蚊帳(かや)のなかで眠りにつくのが定番でした。真っ黒に日焼けし、2学期が始まるとクラスメイトと日焼け自慢をしたものです。

あの頃は私の田舎でも天の川がきれいに見えましたが、今は見えなくなりました。こんな空気のきれいな田舎でもと、とても残念です。いつかまた、星が降るような天の川をもう一度見てみたいものです。なんだか、遠い昔の話になってしまいました。