白金台移転

テクノシップ理事長  児嶋 みち子

 9月12日、NPOテクノシップ本部は白金台に移転をしました。

 晴天に恵まれまだ厳しい残暑のなか、青山教室の生徒の皆さんは、沢山のさをり織り機や教材、備品の数々を先生の指示に従って地下のみなとコミュニティハウスから道路際まで次々運び出し、運送トラックに載せる作業も汗だくになりながら、がんばってくれました。そして、「さびしくなるわ」と常駐のNPOエブリィさんに惜しまれながら、「パソコン教室や大きな催しをするときは来ますから」「お世話になりました」と、コミュニティハウスを後にしました。

 新居の白金台教室は、テクノシップ副理事長の中井さんのご好意により、お嬢さんのために開設された喫茶店「カフェ・アリーナ」のNビル2階を貸していただきました。トラックが到着して、今度は2階まで真新しい白壁を傷つけないよう気をつけながら、リレー式で協力して荷物を搬入しました。池内宏氏のご寄付による机や椅子も運び込み、一段落した後、そのすわり心地の良い椅子に身をゆだねながら、皆、独自の新拠点を持てた喜びに浸りました。

 おもえば、テクノシップは12年前の創設当時、白金台の明治学院大学の金子健先生の心理学教室の一室をお借りしてその産声を上げ、その後もしばらく白金台に教室をもっていました。今回の転居は、まさに発祥の地に戻ったという感がします。実際、明治学院からも数分のところですので、今後また関係が深まる事が期待されます。来年度からは、地域デイサービス事業化を申請中で、その目玉としてソーシャルスキルトレーニングクラスを開設予定ですが、これには明学の緒方明子先生はじめ院生の方々に指導をして頂く事になっています。

 いままで、広々としていたコミュニティハウス全体を自在に使っていた教室生にとり、一室の新教室は狭いと感じられるようですが、教室周囲には、自然教育園始め庭園美術館、八芳苑など緑あふれる場所や白金台福祉会館の調理室、児童館の体育室など利用することが出来、地下鉄駅にも至便で今後いろいろな広がり、可能性を感じております。

 新拠点移転に伴い、場所を提供して下さった中井雅子氏、机、椅子をご寄付して下さった池内宏氏、棚や廃品オフィス家具を提供して下さったり、運搬してくださった区の方々、ボランティアセンターの方々にも感謝いたします。また、オープンハウスにお越しくださった皆様、ご寄付いただいた皆様にも、感謝いたします。

オ ー プ ン ハ ウ ス 開 催

 白金台移転のお知らせとお披露目を兼ねて、9月30日〜10月2日にオープンハウスを開催致しました。3日間で会員を含め延べ約50名の方々に来ていただきました。

 1階のカフェアリーナで飲み物と軽食を頂いた方達が中井さんの案内で、2階のテクノシップに来て頂き、教室生によるさをり織りの実演や展示してある作品を見て頂きました。

 いろいろな方に来て頂き、活動に協力して頂けそうな方もいらっしゃいました。会員もお花や差し入れをもって駆けつけてくれました。教室生も日毎に入れ替わり、大勢の方々に励まされ、皆さんに注目される中でも一生懸命さをり織りの実演を披露しました。

 思えば引越しの後、オープンハウスにはなんとかきちんと片付いた部屋を紹介したいと、連日皆で協力して配置や必要な物を用意したりと大忙しのようでした。その甲斐あってオープン当日はきれいにディスプレイされて整然としたテクノシップを披露する事ができました。

テクノシップ白金台移転に寄せて

                    特定非営利活動法人エブリィ

                    國松  惠

 この度は新事務所移転おめでとうございます。

 私共がみなとコミュニティハウスの仲間入りをさせて頂いたのが平成15年4月からですのでテクノシップの方々とのお付き合いも丸3年がたとうとしています。長い間、仲良くして頂き本当に有難うございました。

 今では,通ってくる方々の顔ぶれもずいぶんと変わりましたね。当時、火曜日はテクノシップがお休みなので、事務所は火が消えたように静かで怖いくらいでした。その他の日は、いろいろな先生が見え活動の幅と、お母様方のお付き合いの広さに驚く事ばかりでした。私達も地域の方とのふれあいを大切にしていきたい団体ですので、事有るごとにテクノシップへ顔を出し押し花でランチョンマットを作ったり、フラメンコを見せて頂いたりと多いに楽しませて頂いたものです。又、私達が月に1度開催している「サロンさつき」(高齢者の方と一緒にカレーを作り,交流を深める活動)にテクノシップが参加してくださったりと楽しい日々でした。楽しかっただけに皆がいなくなったコミュニティハウスは寂しい限りです。現在、週に1度のパソコンに通って来てくれる日は、首が麒麟になるくらい待ち遠しいです。

 新しい事務所は、陽の光がふり注いで明るい所ですね。地下の穴倉にいる身としてはうらやましい限りです。やさしい先生(時には厳しい)と元気印のお母様方に愛されのびのびと毎日を過ごせる幸せを作品に込めて、素敵な物が出来あがるのを期待しています。白金台へ移転されてもテクノシップがますます発展されることをお祈り申し上げます。





教室便り

      

_青山教室_

キャンプのこと

高梨 賢一

 あめがふってざんねんだった。けいおうせんにのりました。トリックアートびじゅつかんにいって、いりぐちがわからなくて、おもしろかった。

 きべくんがピアノをひいてて、そばについてあげました。バスケットをやりました。しあいをしました。チームにつねおかさんがはいってよかった。きべくんもはいりました。僕とまつうらくんときのしたせんせいとふろにはいりました。二だんベッドの上でねました。

キャンプのこと

松浦 恵太

 雨がいっぱいふって登山に行きませんでした。京王線で新宿から高尾まで行きました。雨のためトリックアート美術館に行きました。千円札がおちていたり一万円札がおちていたりと、斜めの部屋もあったりして、不思議でした。ワインみたいな飲み物も出ました。次に森林科学園に行きました。青ムシのビデオがあったので見ました。2階には図書のコーナーがありました。いろいろな本があっておもしろかったです。やはり大雨でタクシーでわくわくビレッジに行きました。ついたら広くてきれいな所でした。部屋は3階の8人部屋でした。2段ベッドが4つありました。木部くんが音楽しつを借りたので行きました。ピアノだけしかありませんでした。じょうずにひけたと思います。夕食はロンタンと言う所で食べました。自分のすきなおかずをかって食べるということでした。僕はチキンハンバーガーとミートボールなどを食べました。

 その後体育館でバスケットボールをやりました。最初はやりたくないと言ったがちょっとやりました。楽しかったです。部屋に戻って入浴の準備をしました。しかし有村君は後で入ると言って3人で先に入りました。今日は早くねました。

 次の日になってロンタンで朝食をとりました。きのうの夜と同じように買ってたべることになっていました。でたのはスクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコンポテト巻きなどです。僕はソーセージをたのみました。おいしかったです。ちなみに木下さんはスクランブルエッグとパン等でした。

 その後別の体育館で卓球をやりました。卓球は交代でやりました。楽しかったです。いろいろな人とやり、最後には石井先生といっぱいやりました。つかれたです。

_所沢教室_

 テクノシップのお手伝いを始めてから、4年たちました。4年間を振り返ってみますと、お母様方の姿に頭が下がりますし、子どもたちの成長にあらためてびっくりさせられます。

 私は、主に学習方面の手助けをしてきました。

 受験前の中学生を担当した時には、夏休み中、週三回、午後1時〜4時まで、補習をしました。彼も長時間よくがんばりましたが、おくれをとりもどすのは、なかなか大変でした。

 2学期になってから、もう一人参加して、土曜日に午前11時〜午後4時まで、お昼にカップラーメンを食べながらやりましたが、これはなかなか楽しかったです。二人のおしゃべりもたのしかったし、あとから加わった一人が、普通科に進学したいという強い思いと、中学校でほとんど数学をとっていなかったのに、やってみるとどんどん分っていくのが楽しい楽しいと言うのとで、先のもう一人をも巻き込んでよい雰囲気を作りあげていったからです。

 週一回、しかもわずかな期間だったので、たいしたことは出来ませんでしたが、それぞれ希望の高校に進学できました。1人は普通高校に進み、1人は働きながらがんばっています。

 仕事をやりながらがんばっている彼は、今、中学校で習わなかった英語にとりくんでいます。くり返しくり返しやりながら少しずつ自分のものにしていっています。どう勉強していったらいいかを見つけて努力している彼を、心から応援したいと思っています。

所沢指導者 秋山 央子

_芝分室_

 清悟は、パソコンを始めてから4年あまりになりますが、ワークアクティの利用者の同じ仲間よりいつも遅れてパソコン室に入り、母が考えた前日の日記を打ち込みするのが大好きです。今はキーボードも一人で打って、解らない時に「ア〜」と先生を呼んでいます。
後1週間でヒューマンぷらざ祭りがあり、パソコンのぬり絵を先生方は教えてくださいますが、清悟はいつもの日記をやらないと他の事は考えられません。先生方や母の思いと違い、マイペースの本人はキーボードを打ったり、ゲームやアニメのホームページも楽しんでいる姿はたくましい?と思える母です。

                              小林清悟 母






さをり織りファッションショー

 日本ダウン症協会(JDS)主催によるさをり織りのファッションショーが8月20日墨田リバーサイドホールで開催されました。一階の展覧会場には54人の方の150点あまりの色とりどりの作品が展示され、まさにキャッチフレーズ“こころのままに夢色模様”の世界でした。6日間に渡っての来場者は約1000名、鶴みささんの5作品も展示されておりました。

 以前からさをり織りをやらせてみたかったので、今年のJDS芸術創作活動がさをり織りである事を知って、早速石井先生にご相談、締め切り迄わずかしかありませでしたがとにかく通わせてみますと集中して取り組み昼休みもそこそこにどんどん織っていくのだそうです。締め切り間に合い、これがきっかけでその後週一回通い続けファッションショーにまで出る事になったのです。日本全国から入場者・出場者・関係者など合わせて650名さをり織りが会場全面に飾られてある迫力あるステージにさをり織りの創始者城みさをさんのお話の後にファッションショーが始まりました。とびっきりの笑顔としっかりした足取りで登場、花束まで頂いて大満足。えり子の織ったさをりに石井先生のファッションセンスあふれるデザインで「まるで松田聖子さんのよう」との司会者の言葉通り大変身いつもと違ってお姫様のようでした。コンサートやミュージカルなど見ていますと必ず自分も舞台にあがりたいと訴えます。いつかえり子が主役になれる機会があればと願っていたので本人も嬉しかったと思います。

 モデルとして小林清悟君も一緒に出てくださいましたしお世話になった方々にも久し振りに再会できました。今後も余暇活動の一つとして楽しんでくれることを願っています。テクノでもファッションショーを企画して下さると皆さんもより楽しいと思います。

加藤英梨子母



ア・ラ・カ・ル・ト

平成17年夏からの活動を報告します。

キャンプ報告

 9月24〜25日、就労支援コースの教室生5人にOB二人を交え、3人の先生方と一緒に高尾わくわくビレッジに一泊して来ました。台風接近による生憎の天気で高尾登山はあきらめましたが、かわりに、高尾山口駅前のトリックアート美術館を楽しんできました。時折激しくなる雨の中、多摩森林科学園で昼食をとり、きれいな桜の花の標本やPCクイズを楽しんだりして、わくわくビレッジに移動しました。今回は夕食後のバスケットボールや朝食後の卓球、バドミントンと体育館を借りて身体を思い切り動かして心地よい汗を流す事ができました。

秋のバザー報告 

萬燈萬華会バザー、ヒューマンぷらざ祭り

 10月22日、高野山東京別院の萬燈萬華会バザーに出店、M君は自分の趣味の品を持参して生憎の雨模様の中かんばって販売に協力してくれました。昼過ぎまで小雨模様となってしまい、やはり客足、購買力も湿りがち。でも、夕方からは厳かな境内で、寺内タケシのエレキバンドの野外コンサートが開かれ、テケテケテ_!と懐かしいサウンドに酔いしれる事ができました。23日は港区障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)のお祭りにバザー出店しました。この日は、一転、すばらしい秋晴れに恵まれ、とても気持ちよく参加できました。ご協力いただきました皆さん ありがとうございました。

 

フラメンコ講習会 ☆☆

 5月18日、昼過ぎ、TAMAKI Studio 舞踊団5人の皆さんがボランティアで、みなとコミュニティハウスに来て下さいました。舞踊団の皆さんの素晴らし踊りその後、テクノシップ生と地域の方も一緒に手の動きや踊りの初体験! 巧みなリードと心に響く音楽、自然と体が動き楽しい一時を過ごしました。一時でした。

 

市民講座に参加 ☆☆

 7月1日、18:30〜白金キャンパスアートホールにて 明治学院大学社会学部付属研究所主催の市民講座 「コミュニティ創りを担うNPO_地域に暮らすさまざまな人々とNPOとの出会いを目指して_》港区を拠点として活動するNPO8団体の1つとして参加しました。中村さんがテクノシップと関わり感じたこと学んだ事をわかりやすく穏やか雰囲気でお話してくださいました。

 

『にんじん村』講演会に参加 ☆☆

 10月29日に行われた世田谷区LD親の会『にんじん村』主催発達障害児・者への地域支援の講演会に講師として児嶋理事長が「地域で支える教育ボランティア」のテーマでお話をしました。熱気あふれる雰囲気の中、有意義な会となりました。

 


テクノこぼれ話

 テクノシップ会員の中井さん念願の喫茶店「カフェアリーナ」が白金台にオープンしました。娘さんやハンディキャップを持つ方々の就労の場として、また地域交流の場としてこの喫茶店はオープンしました。店内にはテクノシップOBの皆さんのCGの絵も展示され、グレーと赤を基調としたインテリアも素敵なお店です。ハンドメイドのケーキとコーヒーがいただけます。近くにお越しの折は是非お立ち寄り下さい。南北線白金台駅前のスーパーポロロッカの後ろです。テクノシップのさをり作品も展示していただいています。



事務局だより

  • 会計よりお願い
    今年度の年会費5,000円を未納の正会員方は同封いたしました郵便振込用紙にて、お早めに納入をお願い致します。

  • 次の方から励ましとご寄付を戴きました。

   本当にありがとうございました。(順不同)

クリス・クロニンジャー様御夫妻(ジョージア州コロンバス市)

バーバラ・ジョンソン様(ミネソタ州ミネアポリス市)

トニー・コータス様(西麻布)、加藤尚子様、鈴木昭子様、玉井和子様

岡崎範子様、児嶋理事長 他の皆様

  • 賛助会員募集
    当法人では、ご支援してくださる方を募集いたしております。当法人の活動にご賛同いただける方は、一口1,000円で何口でも結構ですので、下記の郵便振替口座にてお願い申し上げます。
    口座名:特定非営利活動法人 テクノシップ
    口座番号:00120-3-613510


編集後記

 もう、紅葉の季節となり、尾高ファミリーのチャリティコンサートが開催される時期となりました。今年で第3回目となりますが、今年は初のご兄弟ご夫婦揃ってのコンサートです。会場は渋谷の白寿ホールで、音響が素晴らしく今まで以上のコンサートになることと期待しています。尚、今回のコンサートプログラムは指導者のもと、パソコン学習として就労支援コースの教室生が作りました。



特定非営利活動法人 テクノシップ 

本部 〒108-0071 東京都港区白金台4-7-12-201 電話 03-5421-2477

東京都港区教育委員会社会教育関係団体登録

東京都港区社会福祉協議会ボランティアセンター団体登録

埼玉県所沢市社会福祉協議会登録団体


バックナンバー No.6 へ
会報 キッド Hello!